Audacity 3.2.0 では、VST3 エフェクト、FFMPEG 5.0、およびその他の新機能のサポートが導入されました

Audacity 3.2

ソフトウェアの新しい所有者からほぼ XNUMX 年が経ちました 投げます このオーディオ エディターの最新のメジャー アップデート。 今日、または一部の地域では昨日、興味のある人なら誰でも利用できるようにしました Audacity 3.2.0、便利で興味深いニュースをもたらすアップデート。 たとえば、目に見えないが感じられるのは、FFMPEG 5.0 のサポート、またはプラグインに関連するその他の改善です。 また、Apple 独自のプロセッサを搭載した Mac のユーザーは、正式なサポートを受けています。

アップデートは単に何かを追加するだけではありません。 削除されることもあります。 Audacity 3.2.0 では、少なくとも XNUMX つが削除されました。 ズームツールは利用できなくなりました、私が個人的に使用したことがないもの. また、インストールから HTML マニュアル ページを削除しました。

Audacity3.2.0.​​XNUMXのハイライト

このリリースではライセンスが更新されています。 バイナリは GNU General Public License バージョン 3 に基づいてライセンスされています。ほとんどのコードは GPLv2 以降で保持されていますが、VST3 のサポートにはライセンスの更新が必要です。 ソフトウェア自体の新機能については、次のとおりです。

  • トラックメニューに新しい「エフェクト」ボタンを追加し、エフェクトをリアルタイムで交換できるようにしました。 もっと詳しく.
  • ミキサー バーはメーター バーと統合されました。
  • デフォルトのデバイスバーに代わる新しいオーディオ設定ボタンが追加されました。 デバイス ツールバーは、[表示] > [ツールバー] メニューから追加できます。
  • エフェクト メニューが新しい配置になりました。 その他の並べ替えとグループ化のオプションは、効果の環境設定にあります。
  • アイコンを更新しました。
  • クイック オーディオ共有機能が追加されました。 もっと詳しく、ビデオが含まれていますが、audio.com で登録する必要があると思います。
  • ウェーブパックのサポート。
  • Linux では、JACK がなくても Audacity をコンパイルできます。 また、XDG ディレクトリを使用するようになりました。
  • mp123 インポーターを mad から mpg3 に変更。

Audacity 3.2.0 現在利用可能 サポートされているすべてのシステムについては、Web サイトを参照してください。 そこから、Linux ユーザーは AppImage をダウンロードできます。 他のオプションは、リリース後に多くのディストリビューションがリポジトリへの追加を停止したため、Flatpak および Snap バージョンです。 ミューズグループの買収.


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。