UbuntuはGNOME40からGNOME42にジャンプし、システム情報ですでに新しいロゴを使用しています。

Ubuntu42上のGNOME22.04

昨年の40月、Linuxコミュニティの私たちには4つの大きなリリースがありました。GNOME3.38とGTKXNUMXです。 Fedoraは二度と考えず、常に行うことを実行しました。それは、オペレーティングシステムで利用可能な最新バージョンのソフトウェアを追加することです。 Canonicalは、飛躍するのは時期尚早であり、実際にはXNUMXつの大きなものであると考えたため、GNOME XNUMXに固執し、より辛抱強く変更を加えました。 ある時点で私は正常に戻らなければなりませんでした、そしてその正常は Ubuntuの22.04.

Fedoraと同様に、Ubuntuは、オペレーティングシステムが少しバグになるのを防ぐために、最後の40つのリリースを除いて、常に最新バージョンのGNOMEをオペレーティングシステムで使用しています。 GNOME 40は大きなジャンプであり、Impish Indriですでにジャンプが行われているため、GNOMEv42からvXNUMXへのジャンプはそれほど大きくありません。 したがって、デイリービルドではすでに使用しています GNOME 42、そしてまれに、オペレーティングシステムが後退するケースがありますが、安定したバージョンのリリースからわずかXNUMXか月の場合はそれほどではありません。

Ubuntu22.04LTSジャミークラゲは21月XNUMX日に到着します

現在ベータ版を使用しているGNOMEの新しいバージョンに加えて、他にも興味深い変更があります。 たとえば、外観設定から アクセントカラーを変更できます。 デフォルトでは引き続きオレンジ色になりますが、赤や紫などの他の色を選択することもできます。 そうすると、たとえば、選択バンドやNautilusフォルダーの色、およびソフトウェアセンター(Snap Store)が変更されます。 さらに、拡張機能をインストールしたり、ターミナルに何も入力しなくても、ヘッダーのスクリーンショットのようにパネルをドックに変換できます。個人用フォルダーなどのアイコンは、最初から右下に表示されます。上。左はImpishIndri以前のように。

22.04のメニュー

また、注目を集めるのをやめません すでに使用しています 新しいロゴ、スクリーンショットでわかるように、「バージョン情報」セクションから、およびオペレーティングシステムの起動中に表示される内容。 彼らはまだそれを使用していません 公式サイト。 好むと好まざるとにかかわらず、私たちはそれに慣れ始めなければなりません。 そしてもうXNUMXつ、少なくとも私が気付いたのは、右上のメニューで、シャットダウンオプションなどのオプションを選択すると、メニューがすべて同じ色で表示されるのではなく、別の色で表示されるようになったことです。

Ubuntu22.04が到着します 来年21月XNUMX日、そしてそれは多くの新機能を備えたLTSバージョンになるので、同じ日に更新する価値があります。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   リコー

    優れた、私のトップは次のとおりです:linux mint、ubuntu、zorin os