QEMU 6.2:RISC-V、SGX、Apple Silicon(M1)など...

QEMUロゴ

あなたが知っているように、 QEMU は、さまざまなアーキテクチャのエミュレータとして機能する優れたオープンソースプロジェクトです。 その動作には、他のプラットフォーム(x86、ARM、SPARC、RISC-V、PPCなど)からシステムとソフトウェアを実行できる仮想化機能に加えて、バイナリの動的変換を使用します。 バージョン6.2が登場し、非常に重要な進歩があります。

QEMU 6.2は、仮想マシン上でIntelのSGXをサポートする予定です。これは、セキュリティにとって興味深いものです。 また、Apple Silicon(M1、M1 Pro、M1 Max)のサポート拡張機能、および 新しく出現したISARISC-V。 これらは大きな言葉であり、このソフトウェアをエミュレーションに使用するユーザーにとっては朗報です。

数日前に発売されました QEMU 6.2-rc0つまり、最終バージョン(リリース候補)の最初の候補であり、これらすべての更新を検証し、正しく機能するかどうかを確認するためにすでにテストできます。 そこから、準備が整い、QEMU 6.2.0安定としてマークされるまで、新しい候補が毎週リリースされます。開発に遅延や問題がなければ、XNUMX月中旬になるはずです。
さらに、以前のバージョンに関していくつかの修正が行われ、他の多くの修正も行われます。 改善:

  • 前述の仮想マシンでのIntelSGX(Software Guard Extensions)のサポート。
  • Apple Siliconを搭載したmacOSホストでは、HVFアクセラレーションでAArch64(ARM 64ビット)ゲストマシンを実行できます。
  • 高性能のARMベースのFujitsuA64FXプロセッサは、QEMUのTCG(Tiny Code Generator)をサポートするようになります。
  • より多くのRISC-V命令のサポート、SiFive PWMのサポート、およびこのISAに関連するその他の拡張機能。
  • IBMPOWER10のサポートの改善。
  • Intel Snow Ridge v4の問題は、このバージョンのQEMUで修正されています。
  • そして、この新しいバージョンであなたを待っていることはもっとたくさんあります...

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。