Linux 5.15:AMDおよびAppleM1向けの優れたカーネルリリース

Logo Kernel Linux、Tux

リリース候補1(RC1)はすでにリリースされています。 NS Linuxカーネル5.15 その開発が始まり、やがてその最終バージョンが到着します。 コードの貢献からすでにわかることは、AMD ZenCPUとAppleのM1SoCを使用するユーザーに特に利益をもたらす大きな飛躍となるでしょう。

Realtek WiFiドライバー、ファイルシステムなどでいくつかの更新を確認できます。 NTFS Linuxカーネルのメインブランチ用の開発者ParagonSoftware、XFS、EXT4、F2FS、およびBtrfsの最適化、その他の改善と修正、およびAppleのM1SoCのサポートの向上によって提供されます。

しかし、これはすべて、動き回っているものには不十分です AMD Linuxカーネル5.15の場合:

  • デスクトップ用(Ryzen):
    • ヴァンゴッホAPU用オーディオドライバーフュージョン。
    • サスペンドモードとレジュームモード用のAMDのs2idleコードの変更と修正。
    • AMD Zen 3APUの温度監視サポート。
    • イエローカープAPUの温度監視サポート。 これらはRyzen6000シリーズに付属します。
    • AMD CPU用に最適化されたC3管理。これにより、アイドル状態での電力が向上します。
  • サーバー用(EPYC):
    • PTDMAドライバが到着しました。つまり、I / Oコピー用のDMAパススルーとNTBデバイス用の高帯域幅メモリ用です。
    • 新しいSB-RMIコントローラー。 サーバープラットフォームでのリモート管理用。
    • AMD KVMは、より大きなメモリ容量を処理するために5層ページングをサポートするようになりました。
  • グラフィックス(Radeon)の場合:
    • RDNA2ベースのGPUアップグレード用に新しいIDが追加されました。
    • AMD Cyan Skillfishは、まだリリースされていないNaviを使用したAPU設計をサポートしています。
    • AMDGPUは、VKMSを活用して仮想表示コードを拡張するようになりました。
    • AMDGPUコントローラー、HDMI FreeSync、PCIExpressリンク処理などの電源管理の修正。

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。