Linuxに存在するゾンビを殺す…。

ゾンビ

たくさん プロセスはプログラムを実行しています。 各ソフトウェアは、CPUによる処理のためにメインメモリにロードする必要があるXNUMXつ以上のプロセスを開始できます。 プロセスは、いわゆるLWPまたは軽量プロセス、つまり、スレッド、スレッド、またはスレッドに細分化できる場合があります。 プロセスのすべてのスレッドが実行されると、プロセスは終了します。

その紹介をした、それを言う Unix環境のプロセスはIDで識別され、さまざまな状態を持つことができます。 そのIDまたは識別子は、プロセスを追跡できるようにするために、そのプロセスに割り当てられた番号です。 他のツールの中でも、psツール、htopを使用すると、プロセスのPIDを簡単に知ることができます。 また、そのステータスに関する情報も表示されます。

たくさん Linuxでプロセスを実行できる状態は次のとおりです。:

  • 実行中:プロセスは実行中です。
  • スリープ:プロセスはスリープしており、ウェイクアップして実行を継続するイベントが発生するのを待っています。
  • 終了中:プロセスは終了しているか、停止しています。
  • デバイスI / O-中断できないI / Oデバイスプロセス。
  • ゾンビ:子プロセスが親プロセスの前に終了すると、親も終了するまで子情報が保持されます。 息子は本当に死んでいるか、終わっていますが、資源を解放するために破壊することはできません。 実際にはCPU時間を消費しませんが、プロセステーブルのスペースを占有します。

の形 プロセスに信号を送信して、プロセスがXNUMXつの状態または別の状態になるようにするには、killコマンドを使用します。。 kill -lコマンドを使用すると、送信できるシグナルのリストが表示されます。 最も一般的なのは、プロセスにKILLシグナルを送信してプロセスを強制終了することです。 例えば:

kill -l

kill -9 <PID>

シグナル9またはSIGKILLは、ステータスをチェックせずに、PIDによってシグナルされたプロセスを直接強制終了します。 代わりに、SIGTERMは、シグナルの送信先のプロセスのステータスをチェックし、安全でない場合はシグナルが無視されるため、特定の状況でのみプロセスを終了します。

そうは言っても、psのようなツールには、プロセスのSTATまたはステータスを示す列があります。 その列を見ると、その状態の初期値が表示されます。 たとえば、Sは睡眠、Zはゾンビなどです。 してもいいです ゾンビプロセスがあるかどうかを確認します 次のコマンドを使用してシステム上で:

ps aux | grep 'Z'

私の場合、PID6393のも​​のがありました。 ゾンビプロセスを殺す、次のコマンドを使用できます。

kill 6393


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   フアン・ルビオ

    こんにちは私はプロセスのためにこのプロセスを行いますが、私はKILLを与え、レビューに戻ってこのプロセスに従います