方法:Linuxで独自のコマンドを作成する方法

Linuxコマンドライン:壁紙

Linux CLI、コンソール、ターミナルエミュレーターなどで実行するコマンドについては常に話します。 ただし、今回は少し異なるチュートリアルを紹介します。これは、教えるためのミニガイドです。 独自のLinuxコマンドを作成する。 はい、聞いたとおり、簡単でシンプルな方法で、独自のツールを作成し、Linuxコンソールから呼び出して実行し、楽しむことができます。 このために、さまざまなプログラミング言語を使用して作成できるため、さまざまなオプションがありますが、この例では、Bashのシェルスクリプトに焦点を当てています。

プログラムまたはコマンドを作成する手順には、 次の手順:

  1. ツールのコードを書く。 必要なものや必要なものがすでにわかっている場合は、ツールのソースコードを、それが何であれ、選択した言語で記述してください。 たとえば、C、Python、Perlで、またはBashのスクリプトとして実行できます。
  2. ソースコードをコンパイルする 実行可能ファイルを生成します。 たとえば、CまたはC ++などの場合は、gccコンパイラを使用して簡単に実行できます。 Python、Perl、Rubyなどのインタプリタ言語の場合は、インタプリタをインストールして、ソースコードを含むファイルを実行可能にする必要があります。 これはBashのスクリプトの場合でもあります。この場合、インタープリターはBash自体であり、実行可能にするために、chmod + xscript_name.shを使用できます。
  3. コンパイルされるか、実行可能ファイルができたら、 コピーするか、ルートに移動します / usr / binなどの$ PATH環境変数に含まれます。 echo $ PATHでパスを確認できます。 これにより、名前を入力するだけで実行でき、絶対パスを入力する必要がなくなります。

これが完了すると、コマンドを実行する準備が整います...名前を書き込むと実行されます。

例えば、あなたが理解するために、私は置きます 実用例:

  • ステップ1:コード(この場合は単純なbashスクリプト)を記述して、これを行うために、お気に入りのテキストエディターを開き、次のコード(またはスクリプトのコード)を記述します。
#!/bin/bash

echo "Hola mundo"

  • ステップ2:テキストファイルを保存します。私の場合は、こんにちはと呼びます。 そして今、私はそれを実行可能にします;:
chmod +x hola

  • ステップ3:ホストされているディレクトリに常に存在する必要がないように、または実行のために絶対パスを配置する必要がないように、既知のパスに移動するときが来ました...
cp hola.sh /usr/bin/

そして今、私たちはそれを簡単に実行することができます:

hola

この場合、画面に簡単なメッセージが表示されます«こんにちは世界«


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   エミリアーノ

    単純なhelloで呼び出す場合は、ファイルを.shなしでhelloと呼ぶ必要があります。
    ご挨拶!