NeoKylin:WindowsXPの中国語版

NeoKylinおよびNeoShineOffice

中国は大国です 現在の経済ですが、それは技術の面でもあります。 アジアの国は、進歩に追いつき、他の国と競争できるようにするために多くの資源を割り当てています。 オオスズメバチからやってきたスマートフォンの例、 世界で最も強力なスーパーコンピューター これはTOP500リストのトップであり、これも中国の手に渡っています。

オペレーティングシステムに関しては、彼らは取り残されて米国と競争することを望んでいません。たとえそれがLinuxディストリビューションであっても、中国人は非常に印象的で独特なシステムを作成するために多くのことをしました。 WindowsXPを思い出させます。 マイクロソフトがサポートを撤回した今、その国のユーザーがこのシステムに切り替えて、米国政府とNSAのすべての爪が消去されるディストリビューションを持つことは良い一歩かもしれません。 

私たちが話しているディストロはNeoKylinと呼ばれています、名前はまた、いくつかのアジアの神話上の生き物である麒麟に由来します。 しかし、NeoKylinは政府が使用するために作成されました。 さらに、中国はWindows 8を禁止しているため、政府のコンピューターでのその他の更新バージョンを禁止しています。 この不足を補うために、彼らは、スタートメニュー、アイコン、デスクトップ、タスクバー、マイコンピュータ、マイドキュメント、ゴミ箱など、ほぼ同じとは言わないまでも、WindowsXPに明確に触発されたインターフェイスでこのシステムを作成しました、など。

China Standard Softwareは、Unix標準の下での作成を担当する会社です。 また、Yellowdog UpdaterModifiedが存在するためFedoraに基づいている可能性があります。 また、Microsoftに似た外観だけでなく、GIMPやFirefoxなどの他のプログラムと一緒にデフォルトでインストールされるBusaminas、Solitaireなどの統合などの他の要素も処理しました。 そして、それだけでは不十分であるかのように、MS Officeに触発された独自のオフィス生産性スイートがあり、疑わしい類似性を持つNeoShineOfficeと呼ばれています。


5コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   護符

    「...米国政府とNSAのすべての爪が消去されるディストリビューションを頼りにすることができます。」 はい、中国人にとって、自国政府の爪について心配するだけでよいことは大きな安堵に違いありません。 静かにするために私たちが失う機会。

    1.    アイザックPE

      もちろん、中国政府は罪がないという特徴はなく、確かにフランスやドイツなどのスペインのようにスパイしています。 諜報機関とスパイ機関は一国の問題ではないので...多かれ少なかれ、権利をスキップするかどうか...私はそれには入りません。 彼が意味したのは、中国政府はアメリカ人が情報を「簡単に入手できるようにする」ことを避けているということです。 もう一つのことは、彼らが同じことをするか、彼ら自身の市民や他の国とそれをやめるということです。 だから静かにする機会...多分私は私の人生のいくつかを逃したかもしれません、誰も完璧ではありませんが、そうではないと思います。

  2.   チャット

    中国製:さあ、彼らがすべてをするので、それはずさんなコピーになります

    中国は過大評価されています、それは物事をコピーすることになると唯一の力です

    インドのような国はおそらく未来になるでしょう(私は活況を呈している国について話している)

    トップに+1

    1.    アイザックPE

      私の知る限り、将来的に中国を世界大国の可能性として持つ兆候があります...(Xiaomi、peを参照)。 そして、購入した製品を見ると、残念ながら、新品のiPhone(またはその他)でさえ、そこで組み立てられたり、部品がそこで作られたりしています。 「MadeinChina」は、あらゆる種類の多数の製品に印刷されています。

      もちろん、インドも考慮に入れる必要があります、私はそれを否定しません。

  3.   アルベルト・ヌンシラ

    中国はすでに文明の頂点に達しており、そうなるのにそれほど時間はかからないでしょう。彼らは私たちの前に何千年もあります。 紙、印刷、パルプ、火薬、コンパスなど。 それらは中国の発明です..。